2013年4月21日日曜日

広島~島根旅⑤ 【最後は念願のサンライズ出雲!】

シカやらワインやら生ハムやらを経て
出雲大社にお参りという、目的のよく分からない今回の旅。

1泊2日だし、予定も詰め込んでいなかったので
あっという間にフィナーレの様相に。

実は、最後の最後にビッグなイベントを用意しておりました。

それは


サンライズ出雲!

乗ってみたかった憧れの寝台列車です。
どうせ出雲から帰るなら、乗ってみたいなと思いまして。

出雲駅前の温泉にさっと入って
売店で買い出しをして乗り込みました。



本当はベッドが並んでいるツインを予約したかったけど
満席だったので2段ベッドの個室ではありますが。
それでも十分盛り上がりました!

寝台って移動手段でもあるのに
乗っているだけでワクワクする魔法の箱だと思う。

持ち込んだおやつを食べたり
写真を撮ったり
車窓を眺めたりしていたら
あっという間に寝る時間に。そして寝て起きたら東京でした。

月曜日の朝の到着だったので
通勤サラリーマン達の冷たい視線を感じつつ起床。
起きたとき、メガネグマさんも私も軽く乗り物酔い。
軽くだけど。

そうか、これが日常か。


でも、また乗りたい!

毎回ちょっと酔うくせに絶対また乗りたくなるのが寝台列車。

東京駅ホームに着いても名残惜しく
通勤中のサラリーマンを横目に写真を撮りまくって
短い旅を終えたのでした。


おわり

余談:
誠に私事ではございますが。
この後、サンライズハイ!な状態で市役所に行きまして
メガネグマさんと人生のパートナーになりました。

2人とも軽く乗り物酔いしていたので・・・
入籍記念の写真とかも撮っていませんがね。


おわり

広島~島根旅④ 【出雲大社周辺をそぞろ歩き】

出雲大社をお参りし終えた後は
ぶらぶらと出雲大社周辺をお散歩しました。

とくに何をするわけでもなく
ブラブラと。


昔の駅舎は絵になりますね。



今回は乗らないけど
一畑電車にも再会できました。

相変わらず可愛い黄色だわ。





また乗りたいな


出雲大社は観光地だけど
周辺はのんびりしたムードが漂っていて
以前来た時と同様
ゆったりしたお散歩を楽しむことができました。

つづく

広島~島根旅③ 【出雲大社は快晴だった!】

翌日

今日は嘘みたいに晴れています。

二日酔いのメガネクマさんを引きづり回し
広島駅へ向かいました。
今日は広島を離れ、島根県の出雲大社へ向かうことに。

広島と島根は隣接しているけれど
意外と移動が難しい。

広島から出雲大社へ直通の「みこと号」というバスの存在を知り
こちらで移動することに。

揺られること3時間30分(けっこう遠いよね)
出雲大社に到着いたしました。




2回目 4年ぶりの出雲大社ー


それにしても、前日の寒い広島が一転。
ものすごく晴れている。



2回目の来訪なのですが、お参りマニュアルを熟読し
しっかりとお参りしてまいりましたよ。


お参りの後は名物の出雲蕎麦を。
(うっかり写真を撮り忘れた)

この店も4年前に行ったお店に再来いたしました。
変わってなかった!

4年前は猫村さんと本気のお参りに来たんだったなぁ。


つづく

【旅のまとめ】
広島駅→出雲大社駅(JRバス みこと号)



2013年4月20日土曜日

広島~島根旅② 【お好み焼きと生ハム盛り】

ホテルに戻って雨に濡れた身体を暖め
やっとモチベーションが復活してきた私たち。

メガネグマさんの仕事関係の方(広島在住)に会いに
市内のとあるお店に向かいました。

今回、私たちの旅には珍しく
現地の知人に合流する、というイベントのある旅なんです。
(社交性の低い2人組なので珍しい)

おすすめのお好み焼き屋さんに案内していただきました!

ふわっふわで美味しかった―!

さすがに仕事関係の方の前で
カメラを出してパシャパシャするわけにもいかず
写真は撮らなかったので・・・
文字のみのブログでお届けさせていただきます。

あとでブログに書き起こすのに
写真が無いと思いだせないですね。サイドメニューとか。

とにかく美味しかったことを、ここではお伝えしたい。

あ、あと、うどんが入っていて驚きました。
焼きそばじゃなくてうどんですよ。
これがふわふわで美味しかったんだ。




お店を移動


お腹がすっかり満たされた後は
その方の知人が経営されているワインのお店に。

来ない。普段の私たちだったら絶対に。

たまには良いですね。こういう夜も。
そして、また写真が無くて恐縮ですが。


こんな生ハム盛り、見たことないよ

っていうような生ハムの山を・・・
ご馳走していただきました。
本当に美味しかったです。

私はお酒が飲めないので、少しだけワインを舐めた後は
美味しいジュースをいただきました。
ワインが美味しい店には美味しいジュースもある、ということを学んだ夜。

しかしメガネグマさんは・・・・
気が付くと、すっかりベロベロになっていました。
あぁ、慣れないお店に来てしまったもんだから。

もしもーし、ダイジョウブデスカー?


つづくー



広島~島根旅① 【雨で極寒の厳島神社】


4月後半、メガネグマさんと
広島~島根を1泊2日で旅しました。

最初に書いておきますが
今回の旅はいろいろあり写真少なめで簡単にお届けします。

さてさて

東京→広島は新幹線で移動し
昼前くらいに広島駅に到着しました。

広島は初めてなので
まずは定番観光スポットの厳島神社に向かいます。


この日ですが
実は残念ながら大雨でした。
そしてとってもとっても!寒かったのです・・・

初めて目にする厳島神社は神秘的でとっても感激しました。

が・・・


あまりの寒さについ早足な見学になってしまいました・・・
あぁ、もったいない。
いや本当に寒かった。

雨も強すぎてカメラも出す気になれず写真は撮らず。
美味しそうなものを売っているお土産店もチラ見で終了。



シカも雨宿りしていました

かろうじて撮った厳島神社の写真がこれ。

・・・・

いつかまた来ます。
厳島神社。晴れた日に。


もう観光なんてどうでもよくなってしまい
ホテルにチェックインしちゃおうかー、ということになり
足早に厳島神社を後にしたのでした。


あぁ寒い寒い寒かったよー

つづく

2013年2月25日月曜日

極寒の網走 真冬の旅へ④【旅と珈琲とアイドルと】

さて、短い1泊2泊の網走旅。
ブログも明らかに手抜きな感じで恐縮です。

ノープランのまま流氷ノロッコに乗って
曇りガラスをふきふき、知床斜里駅まで乗車しました。
ここから折り返しの電車に乗って網走駅に戻ることにします。

途中、雰囲気の良さそうな駅(乗車中に検索で絞り込んだ)
で下車しました。

旅人の名刺がたくさん
(九州にもこういう駅あったよなぁ)



赤いポストが映える


ニピラフ



 
喫茶店のテーブルマットの下にも名刺たくさん


順番は忘れましたが・・・

藻琴駅と北浜駅で下車して
それぞれ隣接する喫茶店でお茶とお食事をしました。
(というか寒すぎて駅の外に出たくないレベル)

私たち以外にはお客さんはおらず。

流氷と雪景色をボーっと眺めながら
温かい珈琲を飲むのはとても豊かな時間でした。

1泊2日の短い旅ではあったけど
こんなに遠くまで来ると、もっと長い時間を過ごしたような充実感です。



そして帰りの時間。


予定通り行けば空港に余裕で間に合う・・・はずが
この日は釧網本線が吹雪で超遅延!
無人駅に取り残され、あわや飛行機に間に合わない!という事態に。

途方に暮れていたら
さっきまで珈琲を飲んでいた喫茶店のご夫婦が
「網走駅まで送ってあげるよー」と(涙)
車で反対方向なのに網走駅まで送ってくださいました。

そんな道中の会話の中でちょっとびっくりな事実が。
貴方たちが座っていた席、昨日映画の撮影で
北川景子ちゃんと錦戸亮くんが座っていた席だよー」と奥様。

※あとで調べたら
「抱きしめたい」という映画でした※

なんと!正直どちらのファンでもないのですが
人並みにミーハーな私たち。
良い旅の思い出が出来ました。

極寒の地で(本当に寒かった…)
喫茶店ご夫婦の優しさと
ニアミスで同じ席に座ったアイドルに
そっと思いを馳せる旅の終わりなのでした。

おわり

2013年2月24日日曜日

極寒の網走 真冬の旅へ③【流氷が見えない流氷ノロッコ】

流氷を見終わってしまった我々。

さて、目標を達成してしまった。
もう特に予定がありません。

網走といえば網走刑務所ですが、メガネグマさんは行ったことがあるらしく
私もなんとなく気が進まず(だって怖そうだもん)

フェリー乗り場の観光案内書にあったパンフレットを
パラパラと見ていたところ
「あ、網走駅から出ている流氷ノロッコに乗れるかも!」と
今更ながら気が付きました。

という訳で乗ってみることにしました。


流氷ノロッコ。真冬の流氷を眺めながらの鉄道の旅。
素晴らしい・・・

と思いきや

外と電車の中の温度差でガラス窓が曇ってて
ぜんぜん外が見えないーーー

4人掛けのボックスシートに
私、メガネグマさん、団体旅行で来ていたご夫婦 で
腰かけていたんですが

1分ごとに誰かが必死にガラスの水滴を拭く

という地味すぎる作業を一致団結して必死に行いました。

最初ポケットティッシュで水滴を拭いていましたが
まったく追いつかないぐらいの水分量のため
ポケットティッシュの消費量が半端ない。

ご夫婦の旦那様が自らのフェイスタオルを生贄にしてくださりました。
このご夫婦、私たちより先に途中下車されたのですが
「あとは頑張って!」とフェイスタオルを私たちに託してくださいました。
ステキすぎる・・・ありがとうございました。

フェイスタオルとご夫婦の思いを引き継いだ
私とメガネグマさんは、その後も1分ごとに窓を拭き続けたのでした




つづく

2013年2月23日土曜日

極寒の網走 真冬の旅へ②【流氷はすごかった】

旅2日目

ホテルの送迎バスを利用して網走駅へ向かいました。
網走駅からは路線バスで流氷のフェリーターミナルへ



フェリーターミナルのお土産売り場では
人気の北海道土産「じゃがぽっくる」が海外から来た(主に中国)
観光客の皆様にすさまじい勢いで買い荒らされていました。

売れまくるじゃがぽっくるを横目に見ながら
フェリーの行列に並び無事乗車。





初めて見る流氷は素晴らしく美しかったです。

そういえば、なぜ塩水なのに凍るんだろう?
考えたことがなかったけど不思議だなぁ。



流氷、だんだん減っているそうなので
無事見れて良かったです。

つづく

2013年2月22日金曜日

極寒の網走 真冬の旅へ①【あばしり温泉にチェックイン】

「流氷が見てみたい!」

そんなノリだけで行ってきました。
週末1泊2日の弾丸網走への旅。

今回は「流氷を見る」ことだけが目的なので
それ以外は全くのノープランのゆったり旅でございます。

12:40羽田空港発のJAL1189便にて出発し
14:25女満別空港へ到着しました。

網走空港から網走駅までは連絡バスで30分くらい。
当たり前ですが、すっごく寒かった!


網走駅についてからどうするかも決めていなかったのですが
あまりにも寒いのでノープランの観光は危険と判断。ホテルに直行することに。
ホテルに電話したら迎えのバスを出します、と言ってくださり
ありがたく利用しました。(私たちだけのためにすみません)

宿泊はあばしり湖 鶴雅リゾート 北天の丘です。
今回は思いつきの旅だったので
JTBで1番安い飛行機+宿のプランを選びましたが
とてもキレイで広くてリゾートって感じのホテルでした。
このホテルに泊まるだけでも良いのでまた来たいくらい。

温泉に入ったり部屋でゴロゴロしたり
美味しい夕ご飯のバイキングを食べたりして
のほほんと過ごしましたーご飯がおいしかったー

写真も無くてすみません!




【旅のまとめ】
羽田空港12:40→女満別空港14:25 (JAL)
女満別空港→網走駅 (連絡バスで30分 880円)
網走駅→鶴雅リゾート 北天の丘 (送迎バス 無料)

【旅のパートナー】 メガネクマさん
【旅のカメラ】 FM2 ナチュラクラシカ G10

つづく