2017年8月17日木曜日

写真展感想文【センチメンタルな旅】

恵比寿で開催しているアラーキーの写真展を観に行きました。
「荒木経惟センチメンタルな旅 1971-2017-」

オペラシティでも違う展示が同時開催しているとのことで
どちらに行けばいいのか悩みました。
両方行く時間は無かったので。
結局、アクセスの利便性で恵比寿へ。

この展示はアラーキーの作品を
「妻・陽子さん」を主軸に構成したものだそうで。

たくさんの量の作品群を
奥さんとの出会い~病気~死~そしてその後の写真人生という
順でまとめてありました。

ざっと見て「ふーん」と思って
展示室を後にしたのですが(いつもそう)

この日はたまたまギャラリートークを開催しており
この展示を企画した人のお話が聞けるとのことだったので
参加しました。(こういうのに参加するの初めて)

***

私は、正直アラーキーの写真が好きかって言われるとそうでもなく。
ただ写真雑誌などで特集が組まれていたりとついつい読んでしまったり
写真展がやっていれば観に行ったりしています。

毎回思うのは別に1枚1枚の作品が好きなわけではなく
この爺さん、凄いなぁって
全体に圧倒されるような感想を抱きます。

凄いという例えは「凄い=素晴らしい」ということではなく
どちらかというと「凄いパワーだな・・ちょっと怖いわ」という感じ。
もはやパワーというより執念みたいなものすら感じます。

なので、今回の展示にも好きな1枚みたいなのは特に無かったのですが
ギャラリートークで企画した人の意図や、作品の背景といった話を聞けたのは
なかなかに面白かったです。

***

印象に残った話を1つあげると
陽子さんの作った食事達をただ撮った作品群の話。

まず、この写真達を説明すると
普段の食卓の料理写真なのですが、接写レンズでフラッシュを焚いており
とにかくグロテスクで生々しく撮っています。
気持ちが悪い。

私が嫌いなタイプの写真の最たるところでして
なので自分で展示を周った際は
ほぼチラ見でスルー状態だったのですが・・・

ギャラリートークで説明を聞きながらもう1度観た際に
「へー」って思うことが。

この食事写真、途中からカラーがモノクロになっているのですが
モノクロに変わったのは陽子さんの余命が分かってからだそうで。

カラー~モノクロへの変化は、幸せだった2人にも影が差したというような
心情の変化を表現しているのだそう。

奥さんの病気が分かって悲しいのに
アラーキーは冷静にフィルムを(デジタルかもしれないけれど)
モノクロに切り替えて撮ったんだなーって考えると
この人は自分の人生のどんな出来事も
写真に、しかもそれを撮るだけではなく
表現者として他者に見せることを想定しているのかな、と感じました。

そこで思うことととしては、やっぱり
この爺さん、凄いなぁってこと。
繰り返すけど「凄い=素晴らしい」ではなく。
その写真に対する執念。
ちょっと怖いわ。

その突き抜けた執念がたくさんの人を圧倒するからこそ
アラーキーの写真は世界中の人に見られているんだろうけど。
こんなの自分の配偶者だったらイヤだわ。
陽子さんはすごいなぁ。

***

アラーキーの写真展は量も圧倒的に多いし見応えありました。
これといって好きな1枚は無いけれど
とりあえず今回もこの爺さん、凄いなぁって感想を持てただけでも
行って良かったと思える展示でした。


2017年5月9日火曜日

動物いっぱい不思議な緑地へ

大型連休のある日

写真仲間たちにお誘いいただき
練馬区にある美術の森緑地という場所に遊びに行きました。

さて、集合は西武鉄道「中村橋」駅。
行ったことないわー
知人も住んでいないため未開拓エリア。西武線沿線。

この日、夫のメガネグマさんは可哀想なことに休日出勤の為
我が子と2人きり1時間あまりの移動となりました。
子育てお休み中とはいえ、私も鉄マニアの端くれ。
もちろん事前に行程を調べ、安定の5分前到着。

が、待ち合わせ時間になっても誰1人来ず。
みんな慣れない西武線トラップにかかっている様子でした。

結局15分ほどで全員集合。
お目当ての緑地へ移動しました。


くまさんがお出迎え

緑地、といっても要するに公園。
たくさんの動物のオブジェがある施設でした。







動物いっぱい!

図書館や美術館などに隣接していたので
子のおむつ替えスポットなどに関しては安心でした。

個人的にはライオンの大きなオブジェが可愛かったのに
(ネコ科なので)
我が子はずっと犬とペンギンの小さめオブジェに食いついていました。



この日はとっても暑かったので
2時間ほど遊んで(主に子ども達が遊ぶのに大人がつき合う)
仲間の持ってきてくれたサンドイッチなどを食べ

最後はゆっくり駅前のファミレスでお茶をしました。

この写真仲間たちとは何年も前から仲よくさせていただいており
時にはがっつりと撮影したりもしていましたが
やっぱり子どもがいるとそういうわけにもいかず。
撮った写真データはほとんど子どもでしたよね!
時の流れを感じる!

でも休みの日に色々新しい場所へ誘ってくれる
こういうお友達はとても大切!

子ども達が巣立っておじさんおばさんになったら
一緒にカメラ持ってツアー旅行行ったりするのも楽しそうだなー

終わり



2016年12月1日木曜日

不定期カレー日記【ヘンドリクスカリーバー】

不定期カレー日記。


ヘンドリクスカリーバー

国立競技場の近くにあるお店です。

キーママトンカレー。
ご飯とナンは選べましたがが
よくばりな私はハーフ&ハーフをチョイス。

マトンカレーは色んなお店で目にしますが
それがキーマになっているのは初めてお目にかかりました。
1口目はマトンの独特のにおいなのですが
(私はマトンがあまり好きではないです)
食べ進めるにつれ止まらなくなる味わい深さ!

また食べたくなる―


別の日は定番のチキンカレーをチョイスしました。
とっても美味しかった!

ちょっと歩かなくてはいけなくて
行きにくい場所にあるのですが
あの味を求めて定期的に行きたくなるカレー屋さんです






2016年9月1日木曜日

不定期カレー日記【MOKUBAZA】

不定期カレー日記

原宿駅からちょっと歩いたところにある
キーマカレーのお店に行きました。


MOKUBAZA


レビューを見て絶対に行って見たかったお店。


・・・美しい

ツヤツヤのビジュアル。チーズがかかっているやつにしました。

カレーはとてもスパイシー。
チーズで丁度良い感じにまろやかになります。

店内は少し狭目だけれども
とってもおしゃれなお店でした。